両校共に、好成績を出す事が出来ました。選手たちにとって、結果を出すことは大きなプレッシャーだったと思います。その中で、地区大会において素晴らしい結果が出せた事は、決勝大会への大きな自信につながったはずです。学生・教職員が一丸となり、休日返上で練習している姿はとても感動的でした。

ビューテイビジネス科両校4名が地区予選を突破し、シード選手2名含め6名が全国決勝大会に出場。

結 果
《基礎部門》
2 位   堀場紀美香(長野校・1年)  上田千曲高校卒業
6 位   小沼 茉由(長野校・1年)  小諸商業高校卒業

《応用部門》
2 位   宮川 美帆(松本校・2年)  穂高商業高校卒業
3 位   滝沢 瑠菜(長野校・1年)  丸子修学館高校卒業

《決勝応用部門シード選手》
 熊木 沙也(松本校・2年)  岡谷東高校卒業
 黒岩 蓮奈(長野校・2年)  文化学園長野高校卒業


平成29年9月25日(月)キッセイ文化ホール(松本市)にてヘアサミットが開催されました。
この大会は長野県美容用品商業協同組合の主催により、県内の美容師・美容学校生が一堂に参加する技術コンテストです。
長野校からは美容科2年Cクラス戸谷祥花さん・松本校からは美容科1年Cクラス村山結香菜さんと上條紗彩さんの3名がワインディングジュニア部門にエントリーしました。
村山さんは優勝、戸谷さん準優勝、上條さんは3位という見事な結果を残すことができました。
当日、引率と競技審査員となった丸山由美子先生からは、練習の成果をコンテストで発揮できたこと。また、美容師となって各種競技にエントリーした、多くの卒業生の活躍を見ることができたとの報告がありました。

施術内容  ネイル(ケアカラー・ジェルネイル)・ハンドマッサージ

毎年開催させて頂いている松本パルコでのイベントでしたが、多くのお客様に来て頂き、学生にとって接客を学べる良い機会になりました。また、今年度は1・2年合わせて合計18名と少ない人数でしたが、皆とても一生懸命頑張ってくれました。会場スペースも狭い中で技術もスムーズに行え、実際の現場の仕事を体験出来た2日間となりました。
多くのお客様に来店して頂き、みなさん笑顔で喜んでお帰り頂く事が出来、ありがとうございました。


11月21日(火)東京都で開催される本選に向けて、学生・教職員共に、賞獲得に向けて、気合いを新たにする事が出来た大会となりました。 今年度は、理容部門に1年生学生が出場しました。初めての大会参加でしたが、皆一生懸命取り組んでクラシカルバックバリエーションセット部門で敢闘賞獲得することが出来ました。他の理容科学生も大会を楽しむことが出来、絶対に来年度は優秀賞獲得したいと前向きな気持ちを伝えてくれました。 地区大会において、結果が出せた事は、次への大きな自信につながったはずです。 選手たち全員が、支えてくれた教職員の先生方・家族・仲間達に対して、笑顔で感謝の気持ちを伝えている姿は、とても感動的でした。

本選:11月21日(火)東京 全国大会出場→各部門優秀賞受賞選手

[理容部門] ワインディング部門 計 7名
ミディアムカット部門 計 9名
クラシカルバックバリエーションセット部門 計 9名(松本校:敢闘賞1名)
[美容部門]
ワインデイング部門 計50名(松本校:優秀賞3名・長野校:敢闘賞1名)
カット部門     計38名(松本校:敢闘賞1名・長野校:敢闘賞2名)
アップスタイル部門 計29名(長野校:優秀賞2名・敢闘賞1名)
ネイルアート部門  計34名(長野校:優秀賞2名)
ヘアデザイン画部門 計101名(長野校:優秀賞2名 松本校:優秀賞4名・敢闘賞1名)


施術内容  ネイル(ケアカラー・ジェルネイル)・ハンドマッサージ
      エステ(フェイシャル・ボディ)・ボディジュエリー・メイク

昨年度に引き続き長野アゲインでのイベントを開催しました。多くのお客様に来て頂き、学生にとって、接客を学べる良い機会になりました。
また、毎年来店して頂いているお客様も多く、毎年開催してほしいと言って頂き感謝です。学生たちも、皆とても一生懸命頑張ってくれました。
実務実習をかねて、実際の現場の仕事を体験出来た2日間となりました。

松本理容美容専門学校では2年生を対象に、校内技術競技会を行いました。
本年度から新たに企画された競技種目で、チームを作り仲間同士で協力しあいテーマに沿ってモデルの個性を引き出す競技です。 競技内容はトータルファッションモデル作成。「遊び心のある、大人カッコ可愛い」テーマに、各々の技術を競い合いました。 1年生、2年生在校生の投票と教職員投票の結果優勝から5位までの作品が決定しました。 1年生にも2年生の実力を目の当たりにする機会となりヘアフェスティバルやヘアショーにつながる良い刺激となりました。





ALPHA SALIDA・RITAサロンの先生方より、ヘアショーを行って頂きました。 代表の杉山一真先生より、美容師の魅力・やりがい・地元サロンで働く意味合いや就職先を選ぶ際の考え方など、学生たちにとって具体的なお話しを聞く機会となり参考になった様子でした。また、技術展示についても本校の卒業生中心に披露して頂いたので、自分たちの将来への希望を見いだせた機会となりました。

○開催日:平成29年5月4日(木)10:00〜17:00
○場所:着物ヘアショー:長野駅中コンコース
○参加学生:長野校 美容科17名
○イベントテーマ:≪global NAGANO》長野から世界へ向け、新しい美の価値観を提案します。

昨年度に引き続き、長野校学生の部として、ヘアショーに参加させて頂きました。学校で、着付け奥伝取得者中心に3月より練習を重ねてきました。
当日は、朝早くから準備・リハーサルを行い、今年は初の試みである長野駅中コンコースにてショーを行わせて頂きました。二胡プロ奏者(高山賢人さん)の生演奏に合わせてのとても贅沢なショーとなりました。駅改札前というステージのため、多くのお客様に足を止めて観て頂き、本校の魅力・美容師の魅力を伝えられる良い機会となりました。また、将来自分たちの目指している美容師という仕事に誇りと夢を現実的なものとして感じることのできたので、自分たちの糧となる貴重な体験が出来ました。




 
 
今年度初めての取組として、高校生向けのクリスマスイベントを開催しました。前日から、学生全員で、飾りつけから準備まで、一生懸命してくれました。当日は、寒い中、外までお出迎え・お見送りをし、
体験フロア:カット(刈り上げ体験)・ワインディング(いろいろな種類のロッド巻き)ブライダル・シャンプー・ネイル(キラキラネイル)・ジェルネイル(クリスマスネイル)・ボディジュエリー(キラキラジュエリー)など、自由移動形式で、高校生に多くの体験をしてもらい、本校の在校生とコミュニケーションをしながら、魅力を伝えられました。
 ミニヘアショーを見学してもらいました。高校生から驚きと憧れの声を聞く事が出来ました。その後は、在校生と高校生がペアになり、ビンゴゲームを行いました。和気あいあいとした雰囲気の中、在校生と楽しみながらゲームを行い、美容賞品を獲得し、うれしそうでした。また、次回のオープンキャンパスも来たいと笑顔でお帰り頂き、良かったです。本校学生も、自分たちの後輩になる高校生たちに親切にうれしそうに教えてあげている姿がとても印象的でした。
 
今年度初めての取組として、高校生向けのクリスマスイベントを開催しました。前日から、1年生学生が飾りつけから準備まで、一生懸命してくれました。  当日は、寒い中、外までお出迎え・お見送りをし、授業見学(ワインディング・アップスタイル・ネイルアート・着付け・ボディエステ&光脱毛・シャンプーブロー&アイロン)体験フロア:ヘアメイク・ワインディング・カット・ハンドエステ&アロマクラフトなどを体験しました。
また、理容科ブースでは、サロンの先生から実際のパーティヘアー講習を行いました。自由移動形式で、高校生に多くの体験をしてもらい、本校の在校生とコミュニケーションをしながら、魅力を伝えられました。  
その後は、在校生と高校生がペアになり、ビンゴゲームを行いました。和気あいあいとした雰囲気の中、在校生と楽しみながらゲームを行い、美容賞品を獲得し、うれしそうでした。本校学生も、自分たちの後輩になる高校生たちに親切にうれしそうに教えてあげている姿がとても印象的でした。
 
学園からは松本校4名がエントリーし、全力で頑張ってきました。 参加校230校出場選手485名という精鋭選手の中で、残念ながら結果を残すことは出来ませんでしたが、選手は全員べストを尽くし、悔しい想いもしましたが、とても多くの事を学ぶことが出来た1日となりました。 大会本番までの、休日・放課後・早朝の練習を一生懸命繰り返す代表選手の姿は感動的でありました。結果が出せずに、悔しい想いも経験出来た事は、各自の成長につながる事でしょう。また、大会終了時には、参加学生全員で感謝の気持ちを伝える事ができ、2年間の集大成となる全国大会を無事終える事が出来ました。
 
長野県美容用品商業協同組合主催のヘアサミットに参加しました。美容業界の方たちとともに、ワインディング競技を競い合いました。 実際のサロンで活躍されている先輩方のプロの技術をじかに目にすることが出来、自分たちの目指している美容師の夢に向かって自信と期待をもてた1日。
本校学生が9名ワインディング部門に参加し、見事、優勝・準優勝・3位獲得することが出来ました。 入賞した3名のうち、2名は11月20日(土)に開催する全国理容美容学生技術大会に学校代表として参加する学生。悔しい想いもしながらも、自信につながることが出来ました。
 
○結 果
    優    勝  森田  綾(松本校 美容科2年)松商学園高校卒業
    準優勝  小林 風音(松本校 美容科2年)岡谷南高校卒業
    3     位  小口穂乃花(松本校 美容科2年)岡谷東高校卒業
松本パルコ3階にてハロウィンイベントが行われました。松本大学「梓乃森祭」ファッションショーに引き続き、松本衣デザイン専門学校とのコラボステージとなりました。25名のモデルさんに美容科1年生6名がヘアメイクを担当しました。
松本パルコ3階ステージからショップをめぐるレッドカーペットがひかれ、松本衣デザイン専門学校の衣装を身に付けたモデルさんがウォーキングしました。
本校が担当したハロウィンヘアメイクは、モデルさんの希望を叶えながら仕上げることができました。店内のお客様も足を止め、モデルウォーキングに見入っていました。
 
秋晴れの天候に恵まれて、3校コラボレーションのファッションショーが開催されました。本校からは、美容科1年生有志の30名が7ステージのヘアメイクを担当しました。特にチャイナステージではヘアメイクのデモンストレーションを披露して、会場に詰めかけた観客を魅了していました。今年で5年目となるファッションショーの参加ですが、松本衣デザイン専門学校の皆さんも加わり、洗練された衣装と共に松本大学のモデルさんたちの練習成果が伝わってくる完成度の高いファッションショーとなりました。
ステージ終盤にはサプライズゲストそして、モデルのジョイさんが登場してフィナーレが盛り上がりました。
 
 全国学生技術コンテストにおいて、本学園生徒が、昨年に引き続き、各部門にて結果を出すことが出来ました。
参加校19校出場選手190名の精永選手の中で、ヘアデッサン部門:優勝(文部科学大臣賞)・ネイルアートデザイン部門、学連理事長賞(2位)大会委員長賞(5位)1名・ジャーナル賞1名・アップスタイル部門 優秀賞2名・ワインディング部門 優秀賞1名・ネイルアートミュージアム部門 優秀賞3名・奨励賞4名をそれぞれ獲得することができました。この結果に至るまでの、休日、放課後、早朝の練習を一生懸命繰り返す代表選手の姿は感動的でありました。また、大会終了時には、参加学生全員で感謝の気持ちを伝えることができ、2年間の集大成となる全国大会を気持ちよく終えることができました。

●ネイルアートデザイン部門(出場選手16名)  
○2位・ジャーナル賞      長野校 1年 長岡 沙紀(上田東高校)
○大会委員長賞(5位)   長野校 2年 高橋 伶菜(市立長野高校)
○ジャーナル賞             松本校 1年 麻田 弥那(松商学園高校)

●ネイルアートミュージアム部門(出場選手25名)
○優秀賞        長野校 2年 高橋 伶菜(市立長野高校)
                     長野校 2年 平出ほのか(市立長野高校)
                     松本校 1年 麻田 弥那(松商学園高校)

○奨励賞        松本校 1年 渡邉 真由(駿台甲府高校)
                     松本校 1年 山口 紗世(信濃むつみ高校)
                     松本校 2年 高木しおり(上田東高校)
                     松本校 2年 平田  睦(上田東高校)

●アップスタイル部門(出場選手28名)  
○優秀賞      松本校 1年 関沢 奈緒(塩尻志学館高校)
                    松本校 1年 横田ひかる(飯田OIDE長姫高校)

●2年ワインディング部門(出場選手32名)
○優秀賞      長野校 2年 笹岡  歩(市立長野高校)

●ヘアデッサン部門(出場選手18名)
○優勝(文部科学大臣賞)・ジャーナル賞・テーマ賞   
                   長野校 1年 藤原 愛海(長野商業高校)

 
 
 
 
z
○来場者数:約5000名 本校ブース来客数:役200名
○技術内容:ネイル・ハンドマッサージ・傷メイク・ハローウィンメイク等
○参加学生:長野校 美容科1年14名

昨年に引き続き、ドリームモータースクール様からご依頼を頂き、イベントに参加させて頂きました。  イベントに来場しているお客様に美容の素晴らしさ・楽しさを理解してもらえる場としてまた、実践的な学びの場として、貴重な体験をさせて頂きました。  美容科1年の有志学生が参加してくれ、受付からネイル・ハンドマッサージ・メイクなど提供しました。ハロウィンが近いということもあり、傷メイクやハ ロウィンメイクをやってほしいとのお客様が多く、満足してお帰り頂けました。
 

8月より約2ヶ月にわたり、全国7地区で地区大会(予選)を勝ち抜いた、ファイナリストたちが東京に集結し、技術を競い合う大会。
全国のエステテイックの専門教育を行う認定校53校よりエントリーした2部門166名の選手の中から、地区大会を突破した49名が、日頃の厳しいトレーニングで身につけたフェイシャルマッサージの基本手技部門と、応用のテクニックも加えたフェイシャルおよびボデイトリートメントの応用部門の2部門で競技された。
本学園として、昨年度に引き続き、両部門において、全国から選ばれた精鋭の中から、上位入賞という快挙を果たしました。

《基本部門》
第2位     熊木 沙也(松本校・1年)  岡谷東高校卒業
第3位     黒岩 蓮奈(長野校・1年)  文化学園長野高校卒業
入  賞     竹内 静香(長野校・1年)  長野東高校卒業
《応用部門》
入  賞    坂口由稀奈(長野校・2年)  篠ノ井高校卒業
入  賞     渡邉 涼香(長野校・2年)  小諸高校卒業