1ヵ月振り返って          
 私がエステティシャンを目指すにあたって学んだことは『相手の事を考える思いやりの心』と『させていただくという謙虚の心』です。これは接客業に就こうとしている私達に、技術よりも先に求められている事だと私は受け止めました。しかし、相手が何を求めているか『考える力』が、私にはまだ不足しています。それは、思いやりの心と通じるものがあると私は考え、これからは、いつまでも学生として楽しむのではなく、社会人になるという意識を持ち、授業で学んだことに加えさらに応用力をつけ、足りないものを補い、日々の生活の中でも向上心を持って多くのことを学んでいきたいです。

長野校美容科11期生 M.Gさん(C-LOOP UNITED「TRUST」勤務)


素直になりなさい        (株)シェイプアップハウス勤務 
 学生時代、担任の先生から毎日のように言われた言葉に「素直でいなさい」という言葉がありました。当時は漠然としていてあまり理解もできませんでしたが、社会に出てその言葉の意味・大切さがとてもよく分かりました。
 会社に入るとはじめに、一ヶ月間の研修が待っていました。その研修では技術を身に付けることはもちろん、社会人としての常識やマナーなどさまざまなことを教わり、厳しい指導をいただく中で当然叱られることや泣きそうになることも数々ありました。そこで、ふと先生にいわれた「素直になりなさい」という言葉を思い出し、頭を切り替えて、自分のために言っていただいているのだから何事も素直に受け止めようと思い直すことができました。今ではお店に立ち、多くのお客様と接しながら充実した楽しい毎日過ごしていますが、「素直でいよう」という気持ちだけはどんな時も忘れないように心掛けています。
 それが今の私を成長させてくれている一つであります。

松本校ビューティビジネス科2期生 N.Aさん(株式会社シェイプアップハウス勤務)


日々、勉強中です   
 4月より社会人としてサロンに勤務し、お客様の対応をしています。現在は少しずつ研修も終わり、習得した技術から担当させていただき、施術にはいらせていただいています。
 仕事は、お客様を担当することだけではなく、エステルームの整備や清掃、次に行う施術の準備など沢山あります。清掃や準備も、ただ言われた通りにするのではなく、先輩方が使いやすくするにはどうしたらよいか、また一番はお客様にどうしたらより満足していただけるのかなど、常に考えながらしなければなりません。学生の時に、先生から何度も言われてきましたが、それが仕事というものだと、実際にサロンに入り実感しました。
 まだまだ、失敗も多く厳しく指導されることもあります。辛い事や苦しい事もありますが、全ての経験がエステティシャンとして自分を高めるための勉強だと思い、毎日を過ごしています。

長野校ビューティビジネス科3期生 A.Iさん(株式会社エバーオン勤務)


みんなも頑張って!!            
 表参道コレクションを観ていかがでしたか?MINXに入社してもうすぐ一年になります。
 今でも憧れの人達と一緒に仕事ができて日々感動の連続です。私は社会人を経てから2年遅れで入学したので、全てにおいてトップで居ようと努力してきました。悔しい思いも沢山しましたが、それが功を奏して今のMINXという環境を手に入れることが出来ました。
 努力無しでは何も掴めません、お客様に喜んでいただくことも出来ません。人並みの努力では埋もれてしまう激戦区で私も頑張っています!みんなも頑張って!!

松本校美容科10期生 Y.Hさん(MINX CENTRAL勤務)


Copyright(C)2003 長野県理容美容学園. All Rights Reser